「西洋医学の父」と尊敬を集めるヒポクラテスが活躍していたのは2500年前のヨーロッパ。彼は病いの原因を突き止め、体液を改善する方法で病いを克服するアポトーシスを推進し、第一次世界大戦までこの医学が中心をなしていた。











 
 治療と激しいスポーツを両立させる  

アクセスカウンター
テン012345
西洋に伝わる2つの治療法 
西洋医学の父として有名なヒポクラテスが活躍していたのが紀元前5世紀。彼は体液に変調が生じた時に病気になるという「四体液説」を唱えました。患者のおかれた環境や食事が体液に及ぼす影響について詳しく研究して、自然療法、食事療法といった環境を変える方法を取り入れ、アポトーシスを活性化することで病気を克服しました。
耳鳴りの体液説を唱えたヒポクラテス
その当時の西洋医学は、クニドス派とヒポクラテス派(コス派)という2つの学派に分かれていました。
クニドス派は診断を重視して病気を詳しく調べ、身体のどの部位が病気に罹ったを特定してそれを切除するという現在の医学(ネクローシス)のような方法をとっていました。ところが、当時のギリシアでは、人体を解剖することが禁じられていたことから診断が曖昧になってしまい、結果的に誤診が多かったようです。

一方のヒポクラテス派は、病気が進行した場合にどのように病状が変化するか、すなわち、生存するのか死亡するのかという最終的な結果を出し、それから逆進して病態を予測、それから、経験や観察に基づいて治療法を組み立てるといういわば「予後の診断」で、適格かつ効果的な治療を施していたといわれています。 
戦争
19世紀になると世界中で戦争が勃発(上は第一次世界大戦)し、戦地における早急な治療効果を期待されて、2500年近くも眠っていたクニドス派が再び台頭してきました。
検査機器の急速な進歩もあって、悪化した部位を簡単に見つけられる技術も発達したことから、クニドス派は悪い部位を排除するネクローシス的な治療で次々と成果をあげてゆきました。
これに対し、体力が回復するための時間を要するヒポクラテス医学は戦地に受け入れられず、どんどん衰退をしてゆきました。 
ネクローシス
戦地では認められたネクローシス医学ですが、アスリートにとっては大切な筋肉や臓器を切り取ることから体力の低下が明らかであり、よってプロスポーツ選手のように「治療とスポーツの両立」を目指したい患者にとっては、取り組みにくい選択だと言わざるを得ません。 
 
ネクローシス(necrosis)をより詳しく
ネクローシスとは、細菌感染・物理的異常・化学的異常・人為的異常・血流異常など、プログラムされていない偶発的な細胞死を指します。
より具体的にいうなら、細菌感染による細胞壊死、打撲衝撃による細胞の破損、化学薬品による細胞の壊死、手術による細胞の切除などです。
癌治療に関してあげれば、癌化した腫瘍細胞の手術による切除、最先端治療と呼ばれるレーザー光線による腫瘍の破砕、さらに、抗癌剤による癌細胞の破砕も全てがネクローシスです。
癌の因子
一般的にネクローシスの場合、破砕した細胞からプロテアーゼ(タンパク質分解酵素の一つ)を含む細胞内液が漏出して周囲の健常細胞に損傷を与え、これが炎症を引き起こす「引きがね」となります。
一例を挙げると抗癌剤を使った際に、医薬成分が癌化した細胞の外壁に穴を開けて化学的損傷を与えて癌細胞を破壊するのですが、この際に、細胞断片や漏出した細胞内液が周囲に拡散して健常細胞の遺伝子を傷つけることが心配されます。
こうなるとプロテアーゼによって損傷した細胞が、新たな多数の癌因子になる(上絵:正常な細胞分裂が出来なくなった細胞群)ことが指摘されています。
体内の炎症や癌因子を増やしながらの猛練習は、いくら馬軍団といえども耐えることができません。
 
アポトーシス(apoptosis)をより詳しく
アポトーシスを活性化させる治療について検証してみましょう。
筋肉であれ臓器であれ髪であれ爪であれ、これらは総じて細胞の組み合わせによって形成されています。これらの細胞には、細胞分裂して新しい細胞が誕生すると、古い細胞は常に消滅してゆくというプログラムされた機能が付いています。この機能のことをアポトーシスといいますが、このお陰で、我々の生体は常に若々しさを保ち続け健康を維持しています。
各々の細胞に備わっているこの機能が衰退して止まってしまう時、我々の身体は病気になって老化が進み、やがては死を迎えることになります。
では、 アポトーシスが衰退して止まってしまう時とは、何が原因でどんな状態をいうのでしょうか?
それは、細菌感染・物理的異常・化学的異常・人為的異常・血流異常などネクローシスが圧倒的に増加(偶発的かつ人為的な細胞死)したときをいいます。
 
癌細胞はアポトーシスする?
冬虫夏草 肝がん細胞  矢印01 冬虫夏草 消滅肝がん細胞 
 48 時間後
写真左は肝臓癌細胞(人間)を培養したものですが、これに広島栽培地と山口栽培地で収穫したBGS冬虫夏草0.1%溶液を添加して48時間後の状態を顕微鏡撮影(右)したものです(試験の詳細)。
これを見ると破砕された癌細胞も断片も存在せず、勿論、白血球もマクロファージもいないのに85%におよぶ癌細胞が消滅しているのが見て取れます。
この結果から、この冬虫夏草には癌細胞をアポトーシス(プログラムされた細胞死)させる何らかの特性が有るのではなかろうか、との期待が膨らみました。
もしもそうだとすれば、傷も痛みも副作用もなく、いつのまにか癌細胞が消滅するのですから、こんな夢のような治療があれば最高のことです。
(但し、この実験結果によって「癌が治る」とか治らないということを標榜しているものではありません)
 



どっちを選ぶ? 



アポトーシスを選ぶなら「食事革命」で
フーズ・イノベーション(食事革命)とは「悪い物を食べれば身体を壊し、食べ続ければ命を落とす。良い物を食べれば元気が出て、食べ続ければ健康になる」という基本理念を広げてゆく活動です。
癌だと診断されたとき、先ず考えねばならないのが、厳しい治療に負けない体力を如何にして作るかということです。基本的に推奨するビタミン・ミネラル含有の高い食材をもりもり食べて楽しく運動すれば、エンドルフィンが体内合成されて抗癌活性が高まり、加えてスポーツの鍛錬としてもきわめて効果的です。
食材01
 
ご自分の持ってる力を信じましょう 
どういう治療を避けるべきかを、アドバイスします。それはすばり、食欲がなくなる治療です。この治療を選択すると食べなくなるから栄養失調になり、その結果、スポーツなど考えられないような体調になってしまいます。体調が落ちると、元来持っていた免疫力が低下して、癌を克服できない身体になります。 
食材02
私たちには「免疫」という、癌やウイルスに対抗する自己防衛本能を持っています。それでいて癌に罹るということは、基本的に癌の因子の数(因数)が免疫細胞の数を上回るからです。
癌を治療するということは、癌の因子を減らして免疫細胞の数を増やすことです。癌の因子を減らすには癌のメカニズムを理解した上で、癌細胞を増やす食べ物を食べないこと。そして免疫細胞を増やすには、免疫細胞の増殖に必要な食べ物(栄養成分)を食べ続けることです。
アスリートは強い身体を持っています。と同時に強い免疫力も備えているはずですから、このパワーを呼び起こすことに専念すれば、いつの間にか癌は克服できるはず。ご自分の力を信じることです。
癌発症アイコン 成分アイコン がん対冬虫夏草 アイコン 02


ヨーロッパに伝わる2つの医学|食事革命
Copyright (C) 201/03/01-2019/10/16
BG SCIENCE CO.LTD