培養したヒトの肝臓癌細胞と肺腺癌細胞に、私が発明(培養法)した冬虫夏草の水溶液を微量投与してみた。この試験から、この冬虫夏草には癌細胞を消滅させる成分が有るのでは・・・

冬虫夏草を投与すると癌細胞が消えた
 
「癌細胞vs.冬虫夏草」対決48時間後
 試験1:HepG2-人間の肝由来細胞
冬虫夏草 肝がん細胞  矢印01 冬虫夏草 消滅肝がん細胞 
48


写真は、培養した人間の肝臓癌細胞です。これに広島栽培地と山口栽培地で収穫したBGS冬虫夏草0.1%溶液を添加して48時間後の状態を顕微鏡で写真撮影(右)したものです。データを見ると、48時間に85%の癌細胞が消滅しているのが分かります。この結果から冬虫夏草には、癌細胞を消滅させる成分があるのではないかとの期待が膨らみました。
この試験は製薬会社研究室で行った、癌細胞活性阻害試験というものです。試験の詳細は肝臓癌細胞と冬虫夏草データのページを開いてご確認ください。但し、これらの試験は弊社が培養栽培した冬虫夏草(NK−3)の癌細胞阻害性を測定したものであって「肝臓癌が治るとか、治らない」ということを標榜するものではありません。 

「冬虫夏草vs.他社の冬虫夏草」対決72時間

 試験2:A549(肺胞基底上皮腺癌細胞

冬虫夏草 がん細胞阻害試験データ
赤線(左)はBGS冬虫夏草     黒線(右)他社の冬虫夏草
冬虫夏草の効能を知るうえで、癌細胞に微量の冬虫夏草水溶液を投与する試験をしました。使用した癌細胞はA549(人間の肺癌細胞)で、投与72時間後の癌細胞阻害率の比較では、BGS冬虫夏草が95%以上の細胞を消滅させています。このデータは、人間容量に換算すると3gの摂取量に該当することを示しているものであって、決して「癌が治る」ということを単純に標榜するものではありません。このような効能が期待できる食材(キノコ)が存在するのだから、これを広く活用すれば社会がどのように変わるのかについて考えてみる必要があります。国民が、癌に占領されないためにも喫緊に取り組まねばならない課題ではないでしょうか。


解説:増殖阻害試験結果から何をすべきか

厚生労働省が所管する国立がん研究センターは、がん情報の総合サイト「がん情報サービス」で、2016年にがんと診断される罹患数と死亡数のがん統計予測を算出し公開(下表)しました。これによると、の罹患者数は史上初めて100万人を突破して、死亡者数も依然として右肩上がりの増加を示すことが予測されます。
この数値を単純計算すると、80歳までの70年間で7000万人以上がに罹るペースだということです。団塊世代が高齢化してゆく今後、さらに数値が高まると予測されますが、このまま何もしないでいると近い将来、日本国民の全てがに侵されることになります。このまま放置していると
、子供や孫が社会に出る10年、20年先には恐怖の時代がやってくるでしょう。

2011年 (人) 2016年予想(人) 伸び率
罹患者数 851,537 1,010,200 1.19
死亡者数 357,305  374,000 1.05

アイコン 02 起業支援アプリ 冬虫夏草開発者
冬虫夏草開発者 マクガバンアイコン

癌細胞vs.冬虫夏草|驚きの試験結果
Copyright (C) 2005/03/01-2020/02/06
BG SCIENCE CO,LTD